新着情報・コラム INFOMATION・COLUMN

1分で読める構造設計のキホン

 

構造設計とは、マンションやビルなど

一般的に大きな規模とされる構造物を建築するときに

柱や梁などの主要なパーツの強度や耐震構造を、

建築基準法に基づいて設計してゆく業務です。

設計は、構造についてはじめに2つを決めなければなりません。


ひとつは「建築種別」です。


・木造(W造り)
・鉄骨造り(S造り)
・鉄筋コンクリート造り(RC造り)
・鉄骨鉄筋コンクリート造り(SRC造り)


さらに、これらの構造を組み合わせた複合構造などがあります。

 

次に「構造形式」です。


「構造形式」は、材料同士の組み方や方法をどれにするか?

といったことを決めます。


・ラーメン構造
・トラス構造
・ブレース構造
・アーチ構造
・壁式構造
・シェル構造


などの構造形式があります。


組み方が変わることで、力の伝わり方が異なります。

デザイン性もそれぞれの特長があります。


「構造種別」は、どんな材料を使うのか?を決めることで

「構造形式」は、材料をどのように組み立てるか?を決めることとなります。


建築の用途や、敷地条件、意匠(デザイン)、コスト、工期を考慮しながら、

建築基準法をふまえて、最適な構造を選ぶようにします。

 

お問い合わせはこちらから

2019.08.20

pagetop